スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2015年1月19日(月)

 コムの手術日の事
(長いので、お暇な時に興味があれば読んでみて下さい)


前夜21時からの絶食・・・ダラダラ食べ&多頭飼いの我が家には試練
当日朝6時ごろから絶水・・・お水を求めてさまようコムが切ない

猛烈なご飯よこせアピールにも心を鬼にし、10時半ごろ病院に到着

獣医さんより当日のスケジュールを説明を受ける

「まず、点滴をします」
「手術開始は14時ごろで、最初に胸水を抜きます」
「舌にセンサーをつけると血中酸素濃度(正常値は100%)がわかり、この値が極端に低ければここで中止します」
「次に麻酔をかけていきます・・・何か危険な様子があればここで中止します」
「麻酔がかかったら開腹します」
「全ての臓器に転移がないか癒着が無いか慎重に見ていきます」

※開腹前の予想は、脾臓に腫瘍あり
※脾臓と言う臓器は無くても支障がないし癒着が無ければ取りだすのに難しくはない

「想定外の事がなければ脾臓摘出、癒着等があれば中止でそのまま閉じます」
「安全に安全に進めて行くので、何かありそうな場合はすぐに手術も麻酔もやめます」
「それでも、呼吸の苦しい子には非常にリスクが高いので・・・・」
(高いので・・・の ”・・・” のところよく覚えていません)

「17時から18時の間に電話で結果をお知らせします」

との事で、「頑張るんだよ」とコムを預けて一度帰宅しました



17時ごろ病院より電話

「手術終わりました」


「コムちゃん、麻酔からも覚めてくれました」
「いらして頂ければ、取れた物の説明もできますが、来られますか?」

と言う事で、すぐに病院へ


「取れた物」というおっしゃり方に、疑問を持ちながらも、とにかくコムが目覚めたと言うのでホッとしました

そして、病院で手術の様子と結果についてお話しを聞きました

「コムちゃんの手術前の血中酸素濃度が低かったのですが、あまりにもお腹がパンパンだったから、これは取ってあげないとと思い開腹しました」
「そして、お腹の中の塊を取った瞬間に毛中酸素濃度がぐんと上がりはじめました」
「圧迫されていたんでしょう」

「手術中の画像とかがあるのですが、見ますか?大丈夫ですか?」

「はい、見ます」と私

まずは、コムのお腹の中のドアップ
どっちが上なんだか下なんだか??


そして、各臓器等々の画像を何枚も見せて頂き、説明を受けました

コムの胃や腸、腎臓等々、どれも綺麗なのだそうです
そして、なんと脾臓も綺麗、でもとっても小さいんだそうです
冷静に淡々と静かな声で説明してくれている獣医さん、ここだけは感情(?)が入り、「コムちゃんの脾臓、ちっちゃいんです」と

だから、エコーで脾臓に腫瘍と見えたのでは?

取りだした物体、実物を見せてもらいました
エコーで10センチぐらいって言われていたのですが、もっと大きいかも
生々しい表現になるのでやめますが、大きな内臓のボール(十分に生々しいか!?)

重さにして700グラムだそうです
コムの手術日朝の体重が4.9キログラムですから、かなりの大きさ

これがお腹にあったのだから、相当苦しかったはず
人間でいえば、49キロの体重の人のお腹に7キロの物が詰まってるってことです(苦しすぎる)

この物体、ほんの少し胃に癒着していて、胃の太い血管の近くにあった(ぶら下がっていたとおっしゃったかも?)ので、もしコムちゃんがお腹に衝撃を受け、この物体が捻じれたりしたら血管を破って、大出血になっていたでしょうと
語るも聞くも、恐ろしい話しです

物体を取りだすために、この太い血管を縛り、ほんの少し胃を切って物体と一緒に取りだして、切った胃は縫い合わせたそうです
だから、しばらくは絶食&絶水で点滴生活

そして抜いた胸水も見ました
150ccぐらいだそうですが、コムの身体にしてみれば大量

この物体が本当になんだかわからない(あるべき臓器は全てあるので)と首をかしげていた獣医さん
細胞診(病理検査)に出すので、結果次第で治療法を考えましょうと

ものすごくうまくいって、この物体が悪いものでなくて、胸水も圧迫されていたから出ただけなら、このまま完治もある
でも、お腹の物体と胸水が出る原因が別の可能性もあるし、物体が悪性なら合う抗がん剤を探すとか・・・

麻酔から覚めるという関門を突破したけど、長い間圧迫されていたので血流が変わり悪いものが体内に流れる(いわゆるクラッシュ症候群)危険がありますので経過を見ます

で、コムは入院となりました
避妊手術は日帰りだったので、我が家に来てからは、はじめての外泊です

酸素室に入っていたので触れませんでしたが、ちゃんと起きているところを確認して私は帰りました
(この時のコム、目を合わせてくれず、なんだ怒ってるかんじ)


入院2日目からの様子は後日書きます
今日現在は、とても元気にしていますのでご安心ください(^-^)


  1. 2015/01/22(木) 23:42:15|
  2. コム

今、ニャン時?


ブログパーツ配布部屋

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

サバトラ

Author:サバトラ

 三匹の猫達との日々を
 のんびりと綴ります・・・






 
 サバトラ柄 地肌は白い!
 


 
 茶トラ柄 手袋&ソックスはいてます!



 
 キジトラ柄 ふっくらお腹の持ち主!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

コム (39)
レオ (14)
ルイ (30)
猫達 (103)
雑談 (45)
記念日 (5)
未分類 (1)
お友達猫 (2)
ロイヤルカナン (3)

猫顔

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。