スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近況

じめじめとした暑さに、部屋の中では行き倒れた猫達がゴロゴロ

通りすがりにお腹をモフモフしたり、伸びた手に無理やり握手したりしています

本日の3猫様はこんなかんじです



背骨がまっすぐではないかと思われるコムのヘソ天・・まだ冬毛?





タワーと同化して伸びているレオ・・熟睡中





フローリングに涼をもとめるルイ・・踏みそう





ご心配いただいているコムですが、現在は 「治療しない」 という治療法(?)を選び、薬も病院通いもしばらくお休みしています

4月と5月は、毎週病院に行き、抗がん剤治療をする前の血液検査で白血球の数値が基準値より低く、抗がん剤投与不能でそのまま帰宅するという繰り返しでした

白血球を造る骨髄で何かが起こっているのか、それとも造られた白血球が体内のどこかでに使われているのか、原因はわかりません
本猫は、とても元気で食欲もあるのですが、軟便が続いています
手術前はコロコロの固い便だったので、これも腸で何かが起こっているのか、体質が変わったのか???

5月の最終週の診察で、これからの選択肢として以下の4つが示されました

1.骨髄検査をして、ある程度の原因を探る(要全身麻酔)

2.高価だけど効果の高い注射で白血球を増やす

3.大量のステロイドを投与して、骨髄を刺激する

4、何もしない


1.については、全身麻酔にひっかかり気乗りしない

2.については、いつもはお金のことなど言わない先生が、「高価」「高価」と繰り返すので、値段を聞いてみると、「1回2万円の注射を2・3回してみて、効果をみる」とのこと。

耳だけで「こうか」といいう音を聞いている私は、頭の中で漢字に直し、「高価だけど効果がある・・・しゃれ??」と一人で突っ込んだりして(笑)

3.はステロイドを投与すれば免疫が下がるので、同時に抗生物質も飲むという、体にいいんだか悪いんだか、結局薬をいっぱい飲んでストレスもいっぱいで、それに見合う結果が得られる保証はなく・・

4.は不安

判断に迷い、診察室で先生と沈黙の時間が流れてました
「先生のお勧めは?」と聞いてみる私に、一緒に真剣に考えて下さる先生

居酒屋のメニューじゃないんだから、「はい、喜んで! これがいいですよ」となるわけはなく、またも沈黙・・・

1.2.3の方法は、癌の退治に直接立ち向かうものではなく、予防としての抗がん剤を投与できるように白血球の値を上げたいもの

今、見た目の再発が無く、元気に過ごしているコムにストレスを与えるのは意味が無いかも??
リスクのある全身麻酔やら注射が本当にいいいのか?

等々、色々考えて、「4.何もしない」というのも現段階で妥当なのではないかとなりました
そして、8月にレントゲンやエコー、血液検査をするまで、なにもせずに過ごす事としました
もちろん、何かあれば、即病院ですが

そんなこんなで、元気に過ごしています、レオやルイも元気です(^-^)

スポンサーサイト
  1. 2015/06/15(月) 19:00:49|
  2. 猫達

今、ニャン時?


ブログパーツ配布部屋

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

サバトラ

Author:サバトラ

 三匹の猫達との日々を
 のんびりと綴ります・・・






 
 サバトラ柄 地肌は白い!
 


 
 茶トラ柄 手袋&ソックスはいてます!



 
 キジトラ柄 ふっくらお腹の持ち主!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

コム (39)
レオ (14)
ルイ (30)
猫達 (103)
雑談 (45)
記念日 (5)
未分類 (1)
お友達猫 (2)
ロイヤルカナン (3)

猫顔

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。