迷い・決断・不安

もう二つ寝るとお正月です
色々な想いは置いといて、ご報告と年末のご挨拶を


コムですが、2週間服用したステロイドの効き目はみられませんでした
ということは、血液系の癌ではなく固形がんと考えられるでしょうとの事

次なる選択肢は、臓器摘出の手術をするか、そのまま自然に過ごしていくか

前者の場合、いわゆる町医者(今かかっている病院)にするか、設備の整った大きな病院でするか選べる

どちらの場合も術中に亡くなるリスク(五分五分)はあるし、開腹して転移や隣の臓器に癒着があればそのまま閉じる事になり、それがコムちゃんの寿命を縮めるかもしれない

胸水が溜まっている理由が分からないのですが、今の腫瘍が脾臓のみで転移が無くて手術がうまくいき、腫瘍が無くなったことで胸水もなくなり、完治する!!! と言う私の願いが現実になる事があるかもしれない(あって欲しい)


ステロイド服用前から、この選択肢は言われていたので、ある程度の覚悟はして、結果が出た日にはすぐに選べるよう心構えをしていたのですが、無事に帰ってくるかどうかが「五分五分」という話にひるんでしまいました
「言葉は悪いけど、手術はイチカバチカの賭けになります」とも
こんな賭け、したくは無い・・・・・

獣医さんは、「判断材料が少なくて申し訳ないけど、年内ぐらいにはお返事をください」と
その日に即答しても手術となれば年明けだから

迷いに迷い、コムの為に何がいいか考えに考え、この病院で開腹手術を受けることにしました
病院に申し出たらすぐに手術日を決めると思いこんでいたので、ものすごく思い切って震えながら申し出たのですが、「年明けの都合のよい日にコムちゃんを連れて来て下さい。最新の状態の血液検査をして、その結果を見て、リスクが大きすぎる様だったら中止もあるので」と言われ、ちょっとちょっと、っというかんじになりました
11月の血液検査で貧血気味だったので当然と言えば当然なのですが

まだ考える時間があるということになり、コムのストレスを考えて却下した大きな病院も再び視野に入ります
が、そうなるともうひとつ賭け(コムが1,2時間のドライブに耐えられるか)をしなくてはいけないしなぁ

色々な想いは置いといて、と言った割には長くなってしまいましたm(_._)m


新しい猫ベッドでくつろぐコム




能天気な弟達も癒しの光景を繰り広げています
窓辺のクッション争い中のレオとルイ(直立不動のルイをペシっとするレオ)





年末年始もいつも通りにのんびりまったり過ごします
ご馳走も食べさせろ~というニャン声にも応える予定です(笑)

後半は重い記事ばかりなのにご訪問して下さり、ありがとうございます
ご心配、応援、元気玉等々、本当にありがとうございます

皆様&みにゃ様も良いお年をお迎え下さい


  1. 2014/12/30(火) 13:59:16|
  2. コム
  3. | コメント:24

今後の方針

今後、というか今現在のコムですが・・・

新たなドクターの診察を受け、ステロイド(プレドニゾン)の服用で癌細胞を散らす試みをしています

癌には2種類あって、固形がんといわれるものとリンパ腫(血液のがん)と言われるものがあるそうです
コムの腫瘍がどちらかは、わかりません
細胞診といって、腫瘍の細胞を取り出してを調べる方法は、コムにとって危険な事なので、できません

リンパ腫なら、ステロイド剤が効くそうで、腫瘍が小さくなる可能性があるそうです
小さくなれば体も楽だし、他の薬の使用も可能になるかもしれないとか
ただ、完治は無く、腫瘍がゼロになるわけではないのです
そのうちに、薬や自己免疫が追い付かずに、癌に負けてしまう・・・
だけど、何もしないと言う事は死ぬのを待つだけになると

固形がんの場合はステロイドは全く効かないので、その場合は、臓器摘出をイチカバチカでやるか?
転移が無ければ固形がんは取れば治るそうですが、胸水が溜まっているという事は・・・(明るくない状況)

「とにかく、今、この子がここにいる(診察に来ている)事も危険な状態ですよ、どうしますか?」とドクター




等々のお話しを聞き、この診察を受けた病院でステロイド剤服用して腫瘍がどうなるかをみる事にしました
1週間服用して診察を受け、コムの体調に変化が無ければさらに1週間服用してからエコーとレントゲン検査になると思います

コムちゃん、外出が増えて心配なのですが、一筋の光に向かって進み出しました

先月末に抜いた胸水もまた溜まってきているようで、時折苦しそうな呼吸になります


今日は、落ち着いていて穏やかに過ごしています



テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット

  1. 2014/12/11(木) 16:20:45|
  2. コム

経験値

コムの事ではご心配をかけております
順を追って経過を書かねばと思ってはいるのですが、アップするまでには至っておりません

ダダーっと途中経過を省きますが・・・


8月9日にかかりつけ病院で、消化管リンパ腫が肺に転移、治療法無し(数日の猶予もないかも)と診断
症状(呼吸の荒さと咳)があまり変わらないまま、三ヶ月経過

11月10日、再びかかりつけ病院でレントゲンと血液検査
じわじわと悪くなっている様子
この結果から見るに、今の状態(元気)なのは不思議という診断
検査の時にとても元気だった(暴れたとも言う)らしいです

ただ、なす術がないのは変わらず、胸水を抜いたりという処置(そのために鎮静剤や麻酔も危険)は出来ないとのことでした


11月28日 違う病院を受診
最初からの検査はコムの負担なので、かかりつけ病院からレントゲン画像と血液検査結果をいただいて持って行きました

なんと、この病院ではあっさりと胸水を抜いて、その後エコー検査等で、腫瘍は脾臓に出来たもではないか?という診断予測
胸水は、腫瘍性のものではなくて、炎症性のものだったようです
おそらく脾臓から心臓に腫瘍が飛んでいるのではないか、という事です
もっと詰めた診断結果が来週出るのですが、脾臓腫瘍が心臓へ、という診断が確定すれば、厳しい状態(余命宣告されましたが)だそうです

その場合の治療法としては、脾臓摘出で脾臓破裂を防ぐという選択肢もあるとか
でもこれは、心臓へ飛んでいるなら完治にはならないし、どのくらい寿命が延びるのかもわからない
麻酔の危険もあるし、コムが耐えられるかどうかも???
抗がん剤もあるが、有効かどうかは試すしかないが、これも完治へは至らないだろう

結局、予後が良くないことには変わりないです
頭の中が整理できないまま聞いていました

今、TVドラマで「素敵な選TAXI」というのをやっています
このタクシーに乗ると、選択肢に迷った時の時間まで戻って、違う選択肢を選べる、つまり、やり直せるのです
料金は、基本料10分3000円、追加が1分300円だったと思います(たぶん)
つまり、1時間前に戻ろうと思ったら、18000円
ドラマを見ていた最初の頃、高いな~と感じてたのですが、戻ってやり直せるのなら安いかしら?って思いはじめました

コムが病気になってから、いくつかの選択をしてきました
そして、先日行った病院に来週行くと、また色々な選択をしなければなりません

何が正しいのか、何がコムにとって良い事なのか??
選TAXIに乗れたらな~

9年前、コムをうちの子として迎えなければ、コムはもっと幸せになっていたかもしれない・・・
9年前まで戻るのに、このタクシーに乗ると・・ちょっと電卓をたたいたら、年末ジャンボ当たっても払えないので却下
というか、それは私が嫌です!
コムと巡り合えたのは、生涯の宝物です


猫の飼い主としての経験値が乏しいのを痛感する毎日です
胸水を抜く処置をお願いするのもかなりの勇気が必要でした

胸水を抜くと呼吸が楽になると思うけど、病院嫌いのコムが力の限り抵抗して、もし変な所に針が・・・
なんて事がコンマ何秒かのスピードで頭の中をよぎってました

「大丈夫ですよ」と自信満々の獣医さんは、きっとこの処置の経験値が高いのでしょう
コムを迎えに行った時には、「コムちゃん、大人しかったですよ。また溜まったら抜いてあげた方がいいでしょう」と獣医さん
コムは初めての病院で初めての獣医さんで固まったのか??

来週、もう一度受診して今後の方針を決める予定です
胸水を抜いた後のコムは、呼吸が楽になったようですが、やはり咳は出ます
抜いた直後から喘鳴が聞こえて心配したのですが、今日は落ち着いているようです




はじめての病院から帰って、私の膝の上から離れませんでした
背中がアルコールで濡れていて匂いもするので、ルイやレオが近寄らずに独占状態


いつもなら、病院から帰ってキャリーから出ると一直線にお皿の前に行ってご飯催促ですが、今回は何も食べませんでした
緊張感がいつもと違うのでしょう

翌日の午後ぐらいまでは、ご機嫌が悪く怒ってました


だいたい私の隣の椅子にいるのに、「母さん、なんで病院なんかへ・・・」と抗議デモしているかのように部屋の隅っこに陣取って私と目を合わせません



ご機嫌が直ってようやくご飯を食べたのは翌日の夜でした




どちらの病院でも、いつ何があるか分からない状態だとは言われていますが、みんな一緒に年越しが出来そうです

心配して頂いて、お守りや美味しいご飯等々送って下さったり・・
メールやラインで応援して下さったり・・
遠いところからセカンドオピニオンの背中を押して下さったり・・
猫友の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです



  1. 2014/12/02(火) 15:39:23|
  2. コム

今、ニャン時?


ブログパーツ配布部屋

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

サバトラ

Author:サバトラ

 三匹の猫達との日々を
 のんびりと綴ります・・・






 
 サバトラ柄 地肌は白い!
 


 
 茶トラ柄 手袋&ソックスはいてます!



 
 キジトラ柄 ふっくらお腹の持ち主!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

コム (39)
レオ (14)
ルイ (30)
猫達 (105)
雑談 (45)
記念日 (5)
未分類 (2)
お友達猫 (2)
ロイヤルカナン (3)

猫顔

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR